繰り上げ返済の仕組みを確認

毎月決まった返済をしていくのが住宅ローンですが、返済期間中資金的に余裕があって、レギュラーの返済よりも余計にお金を返せることもあるかもしれません。その場合、繰り上げ返済も活用できます。繰り上げ返済は元金の一部の返済に充てられるため、その後の利息も少なくでき、返済負担を軽減できます。繰り上げ返済をすると返済期間を短縮する、もしくは月々の返済額を少なくできるかのいずれかを選択できますが、返済負担を軽減したいのなら期間短縮を選択した方が良いです。

不動産投資も視野に入れてマイホームを購入して住宅ローンを組んだ場合、早めに繰り上げ返済できるのなら繰り上げ返済した方が良いです。利息は元本に対して一定割合でかけられるため、返済初期の元金がまだ大きなときにコツコツ少なくしていった方が、利息の支払額をより少なくできるからです。ただし病気やけが、勤務先の会社事情の収入減など、予期せぬ事態も起こりえますから、貯金をすべて繰り上げ返済に充てずにある程度貯蓄は予備費として残しておくべきです。

繰り上げ返済をこまめに行いたいと思うのであれば、繰り上げ返済しやすい住宅ローンを選ぶことも重要です。繰り上げ返済可能な額や、返済するときにかかる手数料は住宅ローンによって異なります。こまめに繰り上げ返済をしたいのであれば、受付額のハードルが低く、手数料無料、かかったとしても低額の住宅ローンかどうかをチェックする視点も忘れず持つべきです。