住宅ローン控除を賢く活用!

新築マンションを購入する場合、ほとんどの方が住宅ローンを利用して購入することと思います。住宅ローンを借りると所得税や住民税の減免を受けられるのが住宅ローン控除です。年末ローン残高の1%が10年間所得税から控除され、所得税が控除額より少ない場合は住民税からも控除されるという仕組みになっています。1%といってもローン残高が3, 000万円の場合、年間30万円分の納めるべき所得税等が免除されるのは、家計に与える影響も大きいです。

ただし、住宅ローン控除を受けるには諸条件がありますので、ご自身があてはまるかどうか確認が必要です。まずローンの種類です。一般的な金融機関で組んでいれば、ほぼ適用されると考えてよいでしょう。加えて物件にも、次にあげるような条件があります。新築または取得日から6カ月以内に入居し、適用を受ける各年の12月31日まで住んでいること。合計所得金額が3, 000万円以下であること。ローンの返済期間が10年以上あること。登記簿に記載されている床面積が50平方メートル以上あること。床面積の1/2以上が自分の居住用であること、等です。

この控除の受け方ですが、ローンを組んだ初年度はご自身で確定申告をする必要があります。毎年2~3月の確定申告シーズンになると国税庁が専用のHPで案内してるのでそちらを確認したり、直接最寄の税務署へ相談するのも良いでしょう。2年目以降は会社で年末調整を行っている場合は、会社へ年末調整と一緒にお願いすることも可能です。会社の担当者へ問い合わせてみましょう。このように初年度はご自身で手続きを行わなければならないので、面倒かもしれませんが、10年間控除を受けられるメリットは大きいと思います。ぜひ活用してみましょう。