新築マンション購入諸費用とは?

まず、物件売買契約を結ぶにあたり、売買契約印紙税が必要です。500万~1千万円の物件で1万円、1千万~5千万円で1万5千円、5千万~1億円で4万5千円です。
また、住宅を購入するにも、住宅ローンを組むにも、登記手続きをしなければなりません。その際の各種登記費用や司法書士への報酬などが必要です。何のためにどれくらい必要なのか、しっかり説明してもらいましょう。一般的に新築マンションは不動産会社などの仲介業者を介さないので、仲介手数料は必要ありません。

住宅ローンを組むための費用も必要です。保険料や手数料などは、金融機関、借入金額によって内容や金額が異なりますので、きちんと確認しておきましょう。また、各種税金の支払いや、新築マンションの場合は修繕積立基金の支払いもあります。これら全てを含めた「購入諸費用」は、一般的に物件価格の3~6%です。基本的にこれらの費用は、自己資金で支払えるように計画しておくのが賢明です。

さらに、物件引渡し後のことを考えておくことも大切です。新居にあわせて家具や家電、インテリアを新たに購入したり、引っ越したりするためにも費用がかかります。
また、固定資産税や都市計画税など、購入後に毎年払い続けなければならないものもあります。新築マンションの場合は、毎月の修繕積立金や駐車場使用料などの支払いもあります。生活費や月ごとのローン返済とあわせて、ゆとりのある資金計画を立てましょう。