中古or新築マンション、どちらがお得?

まず一般的に、住宅を購入する際には「仲介手数料」(物件価格の3%程度)を支払う必要があります。しかし、普通の新築マンションの場合では、不動産会社などの仲介者がいないので、この費用を支払う必要はありません。
また、中古物件を購入される半数以上の方が、入居前に、水まわりなど何らかのリフォームをされているようです。もちろん新築マンションの場合は、このリフォーム費用も不要です。

新築マンションを購入する際には、修繕積立基金を支払わなければなりません。これは中古マンション購入の場合には不要なものです。
しかし中古マンションの中には、当初の修繕金積立計画が不十分で、修繕積立金の月額が値上げされていたり、改装費用不足分を余計に徴収されたりすることもあります。
物件により状況は異なりますが、将来も見据えて、どのような維持・管理計画がされているのかを知っておくのも大切です。

新築マンション購入の場合、条件を満たせば固定資産税の税額が5年間半額となる優遇措置を受けられる可能性があります。また、不動産取得税も、新築マンションではゼロになることがあります。
住宅ローンの申請に関しても、金利優遇などの優遇措置を受けられるかもしれません。中古マンション購入の場合では、金利優遇の対象にならなかったり、借入期間に制限が加えられたりすることがあるので注意が必要です。物件や状況によって諸費用はかわりますが、よく調査し、メリットを上手にいかしましょう。